努力は人を裏切らないが正しい努力をしなければいけない

どーも、みっちーです。

 

昨日は、「趣味に生きる男のブログ」が軌道に乗ってきた というブログを書いた。

 

今一番力を入れているのがこのブログだ。

 

最初の記事を書いてからもうすぎ1ヶ月。記事数は12だから、まだまだペースは遅いと言っていいだろう。

 

もう少し書く量を増やしたい。

 

ただ、ちょっとアクセス数を調べてみたら全然大したことなかった。1日にアクセスが10くらいあればいいほうなのだ。

 

思わず「オレのブログは全然人気がないなぁ」と落ち込んでしまう。

 

だからと言って、やみくもにブログを生産すればいいかというと、そうではない。

 

プロ野球の名監督だった野村克也が

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。

という名言を残している。

 

勝負に勝ったとき、それは何か実力以外の要素があったのかもしれない。しかし負けたときは必ずその理由があるということだ。

 

つまり、うまくいかないときには必ず理由があるから、それを分析しなければいけないわけだ。

 

NewsPicksの「シゴテツ」というコーナーが好きで愛読しているが、先日連載されていた重松大輔さんのことばがとても参考になる。

newspicks.com

 

重松さんは、母親に「努力は人を裏切らない」と教えられ、一生懸命努力することの大切さを教えられたそうだ。

 

ただ、努力するにもやみくもにがんばるのではなく、正しい努力をしなければいけないと考えたとのこと。

 

確かに、野球がうまくなりたいのに、筋トレだけをしていても上達しない。

 

売上をあげたくて、やみくもお客さんに声をかけていただけでは売上はあがらない。

 

正しいことをしなければ成果は出ないわけだ。

 

ということで、私もブログで成果を出すために、正しい努力をしなければならない。

 

どうしてアクセス数が伸びないのかを分析し、改善点を探し出し、そこを強化していく。それが正しい努力だ。

 

まずは努力しなければいけないが、何を努力するべきかが大切だ。

 

がんばっていこうと思う。

 

ということで、「趣味に生きる男のブログ」のほうもよろしくお願いします。

www.mitchy-shumi.com