親の小言を受け入れよう(令和2年1月2日)

どーも!みっちーです。

 

早くも1月2日が終わった。こうやって月日が早く進んでいくと思うとゾッとしてしまう。

 

われわれはどんどん時間を消化することで、確実に死に向かっているからね。

 

ただ今は実感できないだけだ。

 

今年の正月は昨年同様、実家で過ごした。父親に小言を言われるのはいつものことだ。

 

父親曰く、「堅実に生きろ」とのこと。

 

私は家族の中でも唯一一人暮らしをしている人間だ。

 

今はまだわからないが、このまま結婚もしないで1人でいたら孤独死するよと言われた。

 

私からしたら、「なんで死ぬ時の心配をしなければならないんだ」という気持ちはある。

 

人はどうせ死ぬんだし、死ぬ時は誰かと死ぬわけでもない。

 

孤独死だっていいじゃないか、とも思う。ただ、1人で死んだら確実に誰かに迷惑かけるので、誰も知らないところで死ぬのだけは避けたい。

 

せめて救急車を呼べるようにしときたいなぁ・・・、って感じだ。

 

でも、親にしたら心配で心配でたまらないんだろうなぁ。

 

私は子どもがいないので、親の気持ちが理解できない部分もある。それはまちがいない。

 

だから、自分の気持ちを押し殺して、親の言うことを聞いていた。

 

でも考えてみたら、死ぬことよりも、動けなくなることのほうがこわいなぁ。

 

年をとったら確実に体が動かなくなるし、今私が思っている以上に何もできなくなるだろうし。

 

おそらくボケて考えることもママならず、過ごしていくにちがいない。

 

そんな時、1人で暮らしていたら何をやらかしてしまうのやら。それは怖い。

 

やっぱり親の言うことも聞いておかなきゃね。人生の先輩なんだから。

 

親が生きていて、親が小言を言ってくれるのはありがたいことだ。

 

人はやっぱりわがままで自分勝手で、自分のことがよくわかっていない。

 

そんなときに、自分に注意してくれるのが親だ。

 

めんどくさいし、ウザイし、うっとおしいけど、言ってくれなきゃ将来の心配などそんなにしない。

 

まだまだ私が頼りないから親に心配をかけているわけだ。

 

何年経っても親に心配をかけさせて、ダメな息子だ。

 

親に何も言わせないくらいたくましくならなきゃならんね!