マントラカフェ(GINZA FIVE)でカレーを食ってきた【ひとり飯】(令和元年10月27日)

食堂の日替わり定食にカレーがあると迷わず選ぶみっちーです。

 

本日のB定食はカレーライス。カレー好きの私は迷わずカレーを選んだ。

 

そもそも私の昼食のメニュー選びは単純で、私を知っている人ならばたいていは何を食べたか当てられる。

 

特にコロッケやメンチカツには目がなくて、定食がそれだと他のメニューは目に入らない。

 

もちろん、カレーライスもそうだ。

 

それくらいカレーが好きだ。

 

なにせ子どもの頃はキレンジャーに憧れてたので!

※キレンジャーとは「秘密戦隊ゴレンジャー」に登場するヒーロー

 

まあ、余談はこれくらいにしておくが、私はカレーが好きで、今日もお昼にカレーを食べたっていう話だ。

 

それなのに、

 

それなのに、

 

お昼にカレーを食べたのに、

 

夕食もカレーだったのだ!!!

 

いくらカレーが好きでも、お昼に食べたら夜は食べないようにしている。

 

夜につくったカレーがあまっちゃって、次の日の朝もカレーだったということはあるだろうが、お昼にわざわざカレーを注文して、夜は外食でカレーを食べるというのはレアケースだ。

 

でも、昨夜は行ってしまったのだ。

 

というのも、ひとりで行動することが多い私は、たいてい食べるものが決まっている。

 

仕事が終わって家に帰ると夕食はいつも同じもの。

 

シリアルに牛乳あるいはヨーグルトをかけたものが主食で、おかずはサラダ。デザートは大福。

 

夕食のメニューはたいていこの三品だ。

 

仕事のあとに映画を観に行く日は、ほぼ吉野家。

 

つまり私の夕食はシリアルか吉野家かってとこだ。

 

「これではいかん」と思い、たまには外でおいしいものを食べようと思い立ったわけだ。

 

 そしてピンときたのがインドカレーだった。

 

突然、私の中にインドカレーが降りてきたのだ。

 

仕事が終わり、さっそく私は思いつくインドカレー屋さんに足を運んだ。

 

場所はGINZA FIVEの地下。そこにはたくさんの飲食店が並んでいる。

 

ちょっと歩くとすぐにマントラカフェというインド料理店がある。

mantra cafe 銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブB1
3,500円(平均)1,500円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp

 

インド料理屋さんの店員さんというのはおもしろいもので、たいてい店の前を通るとけっこう中に入るように誘われる。

 

ここもそうだった。店の前に立っていたらすぐに中に案内された。

 

席に座って、メニューを開く。飲み物はビールだな。

 

今日のビールみたいなおすすめのメニューがあったので、それを注文。

 

f:id:motoshidaa:20191027214656j:image

on the cloud

 

とてもフルーティで飲みやすいビールだった。ただ、カレーにあうかと言われるとちょっと疑問だったけど・・・。

 

やっぱりここはインドのビールを飲むべきだったかな。

 

そして本来の目的のカレーは、2種カレー・ナンセットにしてみた。


f:id:motoshidaa:20191027214700j:image

カレーはバターチキン中辛マトン。ヨーグルトもついている。

 

見た目がとてもシンプルだった。

 

ナンはちょっと薄い感じ。味はとてもシンプルだ。カレーには合う。

 

中辛マトンにナンをつけて食べてみたらおいしかった。中辛マトンはやっぱり辛くてカレーを食べている感じがした。

 

ほんのちょっとだけしょっぱい感じがしたのが気になった程度。

 

やっぱりこれがインドカレーだよねって感じ。

 

それに対してバターチキンはかなりの甘口。これは初めての甘さで口の中に入れたときに驚いてしまった。

 

だからと言ってまずいというわけではない。ちょっと食べ慣れていないだけだ。

 

私は辛いのが苦手だからちょうどいいかな。

 

全体的にはまずまずな感じ。

 

2種類のカレーを食べることができて980円。値段はふつう。

 

お店はひとりで入れる気軽さがある。店員さんは全員外国人で、逆にお互い気を使うことはない。

 

ひとり飯をするのにはいい店だと思った。

 

日曜日の夜20時過ぎということで、お客さんもまばらのため、かなり落ち着いて食べることができた。

 

今度は、また別のカレーを食べてみよう。

 

とりあえず、ひとり飯でカレーを食べたくなったらここに来てみることにする!

 

場所はこちら。有楽町駅からも地下鉄銀座駅からも近いのでぜひどうぞ!