健康診断の結果を受け、病院に行ってきました(令和元年10月25日)

最近体にガタが来ているみっちーです。

 

健康診断では、色んなところを指摘された。

 

その中でも毎年数値が高くなってしまうγGTP。

 

これは毎年の課題だった。

 

γGTPは肝臓が悪いと高くなる数値で、アルコールをたくさん摂取しても上がるという。

 

私は大してお酒を飲まないのにいつもこの数値が高いのだ。

 

オマケに、今年は腹部の超音波エコー検査を追加したのだが、その検査でも肝臓に軽い異常が見つかった。

 

健康診断の結果はもちろん「要精密検査」。

 

体がボロボロだなぁと思い、病院に行くことにした。

 

実は数年前も同じ結果だったので近所の病院に行っている。

 

あらためて血液検査をして、数日後検査結果を聞きに行くと、

 

「肝臓が悪いですね・・・」

「お酒を控えてください」

「お大事に」

で終わりだった。

 

そんなプチトラウマがあるので、「要精密検査」が出ても無視することにしたのだ。

 

でも、年齢的にもわるいところは直さなきゃ厳しいかなと思い、思い切って今年は病院に行くことにした。

 

今回は健康診断を受けた病院にしてみた。検査結果もあるし、不要な検査はしないだろうと思ったからだ。

 

受付をすまし、待合室で順番待つ。

 

どんな検査がまってるのかな?

どんなアドバイスをしてくれるのかな?

 

多少ドキドキしながらまっていた。

 

そして、とうとう看護師さんによばれ診察室に入る。

 

ちょっと年配の女医さんだった。

 

私の健康診断の結果を見ながら

 

「ガンマが高いね」

「でもガンマだけだから、だいじょぶかな」

 

しばらく当たり障りのない話をして

 

「せっかくきてもらったけど、様子を見ましょう」

とのことだった。

 

その時の私の気持ちは

 

「??????」。

 

精密検査は?

 

要精密検査ってなんだ?

 

結局、数年前と同じだった。

 

でも、医者が大丈夫だというのだから、よしとしよう。

 

帰りにお会計をした。

 

「380円です」

 

そんなに安いの?

 

つい吹き出してしまった。

 

私は今回、380円で安心を買うことができた。よかったよかった。

 

来年の健康診断ではγGTPの数値がもっと低くなるといいなぁ。

 

健康に気をつけていこう!

そう思ったのでした。

 

~完~