先送りしてしまう癖をなおさないかぎり未来はない(令和元年9月3日)

なんでも後回しにしてしまうみっちーです。

 

部屋の片付けも、洗濯も、食器洗いも、みんな後まわし。

 

やらなければいけないことがどんどんたまってしまう。

 

その結果、何もできなくなってしまうのだ。

 

やらなければいけないことを先送りにすると、いいことがない。

 

この癖をなんとかなおしたいなぁ・・・

 

9月の課題は先送り癖をなおすことだ。

 

まずは、すぐやる癖をつけよう。気がついたらすぐやることだ。

 

そのために脳内に「すぐやる」ということばを定着させよう。

 

「7つの習慣」でいう第一領域と第三領域に関しては、すぐに片づけてしまおう。と思う。

 

ちなみにこれはなにかというと、時間管理として挙げられている次の4つのこと。

 

第一領域・・・緊急かつ重要

第二領域・・・緊急ではないが重要

第三領域・・・緊急だが重要ではない

第四領域・・・緊急でも重要でもない

 

「緊急ではないけど重要な第二領域」はなかなか着手されない。そこをなんとかしようと指摘する書籍やネットの記事は多い。

 

たとえば、健康のための運動は重要だが緊急ではない。

 

英語が話せるようになりたいなぁと思っていて、英会話の学習をすることは、人によっては緊急ではない。

 

そういうものを着手する時間をつくろうよということだ。

 

しかし、私は緊急なことすら後まわしにしてしまう癖がある。

 

だから、やるべきことはさっさと終わらせる癖をつけていかなければならないなぁ・・・

 

第一領域と第三領域くらいさっさとやろう。

 

マジでレベル低いです、自分。