豆腐メンタルの私はクソ人間を肥料だと考えることにした(令和元年8月20日)

最近メンタルを鍛え中のみっちーです。

 

学生の時は友人に「お前のハートは核シェルターの中の豆腐だよ」と言われたことがある。

 

すごく傷つきやすいのに、それを見せようとせず自分の中にためてしまうからだそうだ。

 

いま、ムカついたり傷ついたりすると、TwitterやFacebook、ブログ等で発信できるけど、昔はそんなのなかったからね。

 

もう、イヤなことは自分の中にため込むしかなかったのだ。

 

幸い、いまの私にはSNS以外にも趣味がいくつかあり、ストレスを溜め込むことが少なくなった。

 

それでもムカつくことはあるけどね・・・笑

 

さて、メンタルを鍛えるためには、イヤなところに飛び込んでいったり、イヤなことを楽しんだりすることが必要だと気づいた今日この頃。

 

先日、ひとつの結論を得たツイートをした。

 

クソ人間は肥料だ!

(クソだけにね)

 

人生、順風満帆では強くなれない。

 

甘やかされて育った子は、社会で生きてくための強い精神力を持たない。

 

厳しく育てられ、生きてくのに困難な環境の中で過ごせば、鋼の精神力の持ち主になれる。

 

でも、やっぱり人は優しい人のそばにいたいし、ラクな道を歩みたい。

 

それだとメンタルは弱くなっていく。

 

強くなるためには、逆風の中を歩いていかねばならない。

 

坂道をのぼって行かねばならない。

 

精神の筋肉に負荷を与えねばならない。

 

そう考えると、クソ人間は自分の精神力を鍛えてくれる存在なのでありがたい。

 

世の中、自分の思い通りにならないことが多い中、クソ人間は世の中の縮図である。

 

自分のまわりにいい人ばかりではないことを気づかせてくれる。

 

だからクソ人間は肥料だと思えばいい。

 

クソ人間がいるおかげで、自分が成長できる。クソ人間を養分として、ますます精神力をたくましくしていけばいいのだ。

 

そんなささやかな発見ができて、私はラッキーだった。

 

私はもっと強くなれそうである。