人間は何度だって自分の殻を破ることができる(令和元年8月12日)

最近、インプットの量が足りないなぁと感じているみっちーです。

 

久々に朝日新聞「天声人語」を読んでみた。

 

2,019年8月12日の「天声人語」はセミの抜け殻について書いてあって、なかなか趣深いものであった。

 

その中でちょっと目にとまったのが次のことば。

人がセミと違うのは、何度でも殻を破れることだ。

この日の天声人語の最後の一文だ。なるほどなぁと思った。

 

「殻を破る」ということばは比喩としてよく使われる。

 

辞書には

これまでの考えや習慣、築き上げてきた方法や世界などを壊して、新しいものに変える

とある。

 

なかなか成長できなくて、とうとうワンランク上がったときに「殻を破った」とよくいう。

 

やはり、成長していく上で殻を破ることは必要だ。

 

私なんぞは、保守的で、なかなか新しく変わることができない。

 

決意を新たに!

 

と思っても、意気込みだけで終わってしまうこともしばしば。

 

今までのやり方に固執してしまい、なかなか自分の殻を破れない。

 

そのうち、「どうせ俺は変われないんだ」と思ってしまったのか、変わる気もなくなってしまったようだ。

 

ところが、こうやってセミの脱皮の話を聞くと私はとても幸せだなぁと思う。

 

セミは地上に出てきてからの人生が短い。

 

そこで1回殻を破り大人のセミに生まれ変わる。

 

セミはたった1回しか生まれ変われない。

 

ところが人間はどうだ!?

 

何十年も生き続けることができ、しかも今のところ安全だ。

 

少なくともセミの世界よりは安全だろう。

 

そんな人生で、何度も生まれ変わることができる。

 

人間は何回だって自分の殻を破ることができるのだ。

 

なんて幸せなんだろう!

 

とても恵まれてるね!

 

私は今回の天声人語を読んで、もっと自分を変えていかなきゃなぁと思った。

 

そうでなければ、せっかく人間として生まれてきたのに、もったいない人生を歩んでしまうと思う。

 

さあ、どんどん自分の殻を破っていこう!