【ひとりごと】休日の過ごし方について(令和元年7月11日)

昨日は午前十時の映画祭で上映されている「日本のいちばん長い日」を観た。

f:id:motoshidaa:20190712094928j:image

かなり心に染みる映画だった。

 

その後本屋さんに行って、ブラブラ。

 

定期的に本屋さんに行くことにしている。それは本を見ているだけで、最近なにが流行っているかとか、どんな考え方があるのがわかるからだ。

 

そこでおもしろそうな本があったらAmazonで買う。紙の本じゃなくて電子書籍ね、

 

昨日はこれを買ってしまった。

f:id:motoshidaa:20190712095300j:image

「ザ・ファブル」

 

岡田准一さん主演の映画の原作だ。映画がおもしろかったので、原作のマンガもほしくてつい買っちゃった。

 

でも1巻は無料だったんだよね。電子書籍でよくあるやつだよ。1巻だけ無料ってやつ。

 

だからラッキーだった。

 

さて、本屋さんに行ったあとは、家でX-MENを観てた。

f:id:motoshidaa:20190712095647j:image

フューチャー&パスト!

 

ミスティークが話の中心にいてなんとなくうれしかった。なにせミスティークを演じるのはジェニファー・ローレンスだからね。

 

X-MENを堪能し、あとはドラマ見たくらいかな。

 

ただただ楽しんで終わった1日だった。

 

いいにはいいんだけど、なんとなく虚しいんだよね。

 

楽しんだあとに残るこの虚無感。

 

これ、友だちと一緒だったら思い出が残るんだけど、映画って自分の体験じゃないから全然思い出が残らない。

 

何かを生み出したわけでもない。

 

ただ時間を消化した感じだ。

 

休日の過ごし方、これでいいのだろうか?

 

楽しむために生きているんだけど、なんとなく虚しく感じる今日この頃である。