ゆうこすさんの「共感SNS」がたいへん参考になった(令和元年7月10日)

おはようございます。みっちーです。

 

自称ブロガーの私だが、ブログ以外では、TwitterやInstagram、そしてFacebookをしている。

 

インスタやFacebookはそれほど活動していないが、Twitterは2,010年からやっておりフォロワーさんも知らない間に2,000人ほどになった。

 

こちらが私のTwitterなのでぜひフォローしてくださいな!

twitter.com

 

ただ、フォロワーさんの数は多くなってきたものの、そんなに絡みが多いわけでもなく反応も少ない。ほんの少しの人が反応してくれるくらいだ。

 

せっかくTwitterをやっているわけだから、自分のやりたいことをアピールしたり、主張を述べたりしたいし、もっとフォロワーさんも増やしたい。

 

そこで、みつけたのがゆうこすさん。

twitter.com

 

以前、ゆうこすさんが書いた「SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方」という本を読んで大変参考になったのだが、つい最近「共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る」を出版した。

 

はじめてゆうこすさんが書いた本を読んだときのことを思い出し、また彼女の本が読みたくなりさっそく読むことにした。

 

そうしたら、参考になることだらけでびっくり!

 

そこで、今日は、ゆうこすさんの「共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る」の感想を書いてみたいと思う

 

 

「共感SNS」の感想

 

はっきり言ってゆうこすさんはかわいい。この本の表紙を見てもそれだけでこの本を買いたくなってしまう。

f:id:motoshidaa:20190711163041j:image

こちらが表紙。 キュートなゆうこすさんの笑顔が光っている。

 

インスタにも彼女の魅力的な画像がたくさんだ。 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ゆうこす♡菅本裕子さん(@yukos0520)がシェアした投稿 -

こちらなゆうこすさんのインスタの画像のひとつ。マジでかわいいね!

 

でも、はっきり言って、彼女はかわいいだけの女の子ではなかった。第一かわいいだけであんなにファンがつくわけがないのだ。

 

Twitterをやって、インスタをやって、YouTubeをやって、他にもいろいろやって、彼女は努力している。

 

だから本を出したり、いろんなメディアにひっぱりだこになるのだ。

 

彼女が、ただかわいいからではない。芸能界のコネをつかっているからではない。彼女自身の努力が実った結果がいまあるのだ。

 

「共感SNS」を読んでそれがよくわかった。

 

この本には、SNSを通じて自分をどのようにブランディングするのかが書かれている。

 

しかも、抽象論ではなく、極めて具体的に書かれている。

 

どのようにビジョンを描き、どのように行動するのか。

 

プロフィールはこうするとよいとか、目標はこのように立て、その目標に向かってどのように進むのかも書いてある。

 

Twitter、Instagram、YouTubeおよびblogのそれぞれの使い方のちがいやコツ、そしてそれぞれどのように運用していくか、自分の経験を踏まえた方法論がある。

 

ゆうこすさんの経験に裏打ちされた方法論だから、とてもわかりやすいし、納得もいく。

 

なにより、ゆうこすさんのがんばっている様子が書かれているので、彼女をますます応援したくなってしまった。

 

「共感SNS」という本を出してなお、読者に共感をもたらすとは、なんともすごい人だ。

 

ともかく、いまの私のTwitterはなんとなく書きたいことを書いている状態。愚痴を書いたり、あいさつだけだったり、まあどうしようもないことばかり書いている。

 

もう少し、フォロワーさん目線のツイートを増やしていかねばなるまい。

 

そういう意味ではゆうこすさんの本がとても参考になった。

 

たぶん、この本のとおりにやっていけば、Twitterもインスタも上質なフォロワーさんが増えることはまちがいない。

 

また、Twitterのフォロワーさんを増やす気がない人にはあまり意味がないという人もいるかもしれない。

 

しかし、ゆうこすさんのフォロワーの増やし方や、目標に向かって実行していくやり方は、SNSの運営以外の仕事に応用がきくはず。

 

この本は、SNSを活用すること以外にも参考になる本だと言える。

 

みなさんにおすすめできる本である。

 

 

最後に

 

SNSのことに関しては、ゆうこすさんの本は最強だ。

 

私自身、大変参考になった。今後、この本を参考にして自分をブランディングしていこうと思う。